FC2ブログ

安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会

安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会では、主として「女性」の介護労働者が業務上の労災に遭うことのないように安全に働くことや、構造的な低賃金を改善することを求めています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




08/27のツイートまとめ :: 2013/08/28(Wed)
kaigoroudou

だれでも簡単!Twitter自動つぶやき設定ができるサイト!AutoTweet(オートツイート)! http://t.co/cAFNPELnHN 定期的につぶやくbotやURLの宣伝にも使えます! 443643551
08-27 23:21

「えっ、3人に1人!」 無視され続けた女性の貧困問題の窮状格差があるという事実にまず寄り添おう http://t.co/jD13aztuwS
08-27 23:04

介護職員が抱える施設内暴力の実態調査及び考察(中野一茂・人見優子)共栄学園短期大学研究紀要 26, 39-53, 2010-03-31 http://t.co/H1OiwmrYGO
08-27 21:32

DVD『メトロレディーブルース』~東京メトロ売店・非正規女性のたたかい~何年働いても時給は上がらない。同じ仕事をしている正社員との格差は広がるばかり。そのくせ「65歳定年制」だけは社員と同じだから65歳で雇い止め、といわれる。退職金は一円も出ない。これでは路頭に迷う。2013年3
08-27 21:15

介護事業所8割が労務違反 中国新聞 http://t.co/sEUkCIA82w … 「時間外労働や休日出勤をさせる際に必要な労使協定がなかったり、労働局に協定を届けていなかったりした労働時間の違反が最多/最終的に調査し
08-27 21:06

RT @noiebon: 生活保護基準引き下げ対応「全国一斉1万人審査請求運動」ギリギリですがまだ間に合います。お手伝いが必要な方は、 netsodan@homeless-sogosodan.net 宛、住所、お名前、電話番号を書いてご連絡ください。
08-27 20:02

⑦ いても、そこからなかなか逃れられないように作用する。その結果、日本ではそもそも貧困に陥りやすい女性世帯自体が多くないのである。これが、女性の野宿者が少ない理由のひとつであろう。」(丸山里美『女性ホームレスとして生きる~貧困と排除の社会学』p41-42)
08-27 20:02

⑥ 会的条件では困難だというのである。男性は賃労働し、女性は家事労働するという家族モデルが規範化された労働市場や社会保障政策のもとでは、そこから外れて、女性が独立した生計を営むのは容易ではない。そのことが女性に家から出ることを思いとどまらせ、たとえ家のなかでどれほど困難に直面して
08-27 19:59

⑤ の女性は貧困の女性化を達成するほど自立していない。離婚や経済的自立には手が届かないのだ"と表現している。女性が家から出て独立した世帯を営むためには、女性が経済的自立を果たすことが必要であり、日本の女性はいまだそのような状態にはない、つまり女性世帯を形成すること自体が、現在の社
08-27 19:56

④「離婚率が高いアメリカでは、1970年代後半から『貧困の女性化』が進んでいる。これは、貧困世帯の中で女性が世帯主である世帯の割合が半数以上を占める現象で、その大半は母子世帯である」「日本の貧困の女性化について世界で初めて言及したジューン・アクシンは"皮肉なことに現時点では、日本
08-27 19:53


ドキュメンタリー『ショック・ドクトリン』上映会(大阪) http://t.co/uXfRzGOOyb @lnjnowさんから
08-27 19:51

③ ある。実際に日本の離婚率2.0は先進諸国のなかでも最低レベルに位置している。」(丸山里美『女性ホームレスとして生きる~貧困と排除の社会学』p41)
08-27 19:51

映画『ショック・ドクトリン』:新自由主義はどのように世界を支配してきたか、「ショックドクトリン(惨事便乗型資本主義)=大惨事につけこんで実施される過激な市場原理主義改革」の真実に迫る。ナオミ・クラインの同名ベスト・セラー http://t.co/OY2Gy7LOGt
08-27 19:50

② そこからなかなか抜け出すことができない。女性が野宿生活をしていくのは困難だと思われているということも、家を出ることの歯止めになっているのかもしれない。したがって独立するのが難しい経済的条件に女性自身の心理的な拘束も加わって、なかなか離婚に踏み切れないという女性も少なくないので
08-27 19:48

①「さらに女性自身が心理的に家に縛られているということも、女性が独立した世帯を形成することを妨げている。とくに幼い子どもがいる母親の、離婚に対する抵抗感は大きい。またパートナーから暴力を受けている女性は、相手に支配され、正常な判断力や行動力が奪われて無気力状態に陥るといわれており
08-27 19:45

ションを求める旅でしかないはずなのに、実際には、それらは、事例をさがしもとめ、ときには捏造することさえいとわない。」(粉川哲夫「〈カオス〉への志向」 「アジアン・アメリカン映画祭一九九〇」で上映されたトリン・T・ミンハ監督の『姓はヴェト、名はナム』について)http://cine
08-27 19:41

ており、この映画は同時に文化人類学批判でもある。  文化人類学や民俗学は、生きた他者を扱うにもかかわらず、えてして、あらかじめ構築した理論的な枠組みや観念を裏づけるために具体的な他者を「要請」してくるようなところがある。つまり、文化人類学や民族学とは、本来、異文化とのコミュニケイ
08-27 19:38

「トリン・T・ミンハ監督の『姓はヴェト、名はナム』は、ドキュメンタリー映画につきまとう「真実」の問題を鋭く異化していた。  ミンハは、すでに三本の映画を作っているが、彼女は、むしろ文化人類学者として有名である。実際、この映画は、彼女の文化人類学者としての自己意識と密接な関連をもっ
08-27 19:35

「婚姻制度を知っていますか? 「結婚セット」の中には何が含まれる?何が含まれていない? こんな契約したつもりはなかったー」 http://t.co/4wox4KoeKZ
08-27 18:41

↓以上、「ペイ・エクイティと均等待遇」より引用 http://t.co/fv4Vz0n4mf
08-27 18:21

(続き)当てた総合的な職務分析と評価が必要/とりわけ女性職として評価の対象外と見なされてきた職務の価値に注目することが重要で、分析や評価はあくまでジェンダーニュートラル(性に中立)に行うことが前提となります。その職務に誰が従事しているかではなく、職務そのものの質と量の評価です。」
08-27 18:20

「女性職とは例えばケアワーカー、事務職、サービス業など女性が70%以上を占めている仕事。男性職は大型トラック運転手、 建築・土木の技術者など男性が70%以上を占める仕事です。このように職種が異なる場合は、「同一労働同一賃金原則」だけでは限界があり、「職務の価値」 に焦点を(続く)
08-27 18:19

レイバーネットTV動画4月11日 8:00あたりから「東京メトロ売店・非正規女性たちのストライキ」http://t.co/EOf4CyeNBP 【速報】東京メトロ駅売店の非正規労働者がストライキで継続雇用を実現!http://blog.goo.n
08-27 17:45

続き)「女性の解放」? まだそんなことを?」 (トリン・T・ミンハ映像作品『姓はヴェト、名はナム』) 
08-27 16:05

「女性は自分を犠牲にするように育てられました。夫の虐待を訴える女性もいません。恥だからです。会議では反対意見を最小限に抑えます。気をつけて判断してください。建前と裏があるのです。真実が常に見えるとは限りません。私たちの現実は静かに流す涙の中にあるのです。(続く)
08-27 16:03

RT @hangorinnokai: 「2020年東京にオリンピックはいりません。トドメのパレード!!!」詳細決定しました。8月31日(土)16時50分JR新橋駅駅前SL広場集合 で17時20分出発 です。銀座中央通りを通ります。ぜひご参加ください。http://t.co/7E
08-27 14:38

RT @HaraharaCafe: ブログ更新しました。9月と10月の第1週土曜はHaraharaだよ! http://t.co/bfBrFW83pP 場所は同じくDBCです。
08-27 14:34

介護職員が抱える施設内暴力の実態調査及び考察(中野一茂・人見優子)共栄学園短期大学研究紀要 26, 39-53, 2010-03-31 http://t.co/H1OiwmrYGO
08-27 14:03

だれでも簡単!Twitter自動つぶやき設定ができるサイト!AutoTweet(オートツイート)! http://t.co/cAFNPELnHN 定期的につぶやくbotやURLの宣伝にも使えます! 443643551
08-27 11:36

③ ある。実際に日本の離婚率2.0は先進諸国のなかでも最低レベルに位置している。」(丸山里美『女性ホームレスとして生きる~貧困と排除の社会学』p41)
08-27 01:33

② そこからなかなか抜け出すことができない。女性が野宿生活をしていくのは困難だと思われているということも、家を出ることの歯止めになっているのかもしれない。したがって独立するのが難しい経済的条件に女性自身の心理的な拘束も加わって、なかなか離婚に踏み切れないという女性も少なくないので
08-27 01:31

①「さらに女性自身が心理的に家に縛られているということも、女性が独立した世帯を形成することを妨げている。とくに幼い子どもがいる母親の、離婚に対する抵抗感は大きい。またパートナーから暴力を受けている女性は、相手に支配され、正常な判断力や行動力が奪われて無気力状態に陥るといわれており
08-27 01:29

④ いても、そこからなかなか逃れられないように作用する。その結果、日本ではそもそも貧困に陥りやすい女性世帯自体が多くないのである。これが、女性の野宿者が少ない理由のひとつであろう。」(丸山里美『女性ホームレスとして生きる~貧困と排除の社会学』p41-42)
08-27 01:11

③ 会的条件では困難だというのである。男性は賃労働し、女性は家事労働するという家族モデルが規範化された労働市場や社会保障政策のもとでは、そこから外れて、女性が独立した生計を営むのは容易ではない。そのことが女性に家から出ることを思いとどまらせ、たとえ家のなかでどれほど困難に直面して
08-27 01:09

② の女性は貧困の女性化を達成するほど自立していない。離婚や経済的自立には手が届かないのだ"と表現している。女性が家から出て独立した世帯を営むためには、女性が経済的自立を果たすことが必要であり、日本の女性はいまだそのような状態にはない、つまり女性世帯を形成すること自体が、現在の社
08-27 01:07

①「離婚率が高いアメリカでは、1970年代後半から『貧困の女性化』が進んでいる。これは、貧困世帯の中で女性が世帯主である世帯の割合が半数以上を占める現象で、その大半は母子世帯である」「日本の貧困の女性化について世界で初めて言及したジューン・アクシンは"皮肉なことに現時点では、日本
08-27 01:05

スポンサーサイト
  1. 未分類



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。