FC2ブログ

安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会

安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会では、主として「女性」の介護労働者が業務上の労災に遭うことのないように安全に働くことや、構造的な低賃金を改善することを求めています。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告




10/13のツイートまとめ :: 2013/10/14(Mon)
kaigoroudou

DVD『メトロレディーブルース』~東京メトロ売店・非正規女性のたたかい~何年働いても時給は上がらない。同じ仕事をしている正社員との格差は広がるばかり。そのくせ「65歳定年制」だけは社員と同じだから65歳で雇い止め、といわれる。http://t.co/EJWFSaYXtw
10-13 22:33

⑦ いても、そこからなかなか逃れられないように作用する。その結果、日本ではそもそも貧困に陥りやすい女性世帯自体が多くないのである。これが、女性の野宿者が少ない理由のひとつであろう。」(丸山里美『女性ホームレスとして生きる~貧困と排除の社会学』p41-42)
10-13 20:12

①「さらに女性自身が心理的に家に縛られているということも、女性が独立した世帯を形成することを妨げている。とくに幼い子どもがいる母親の、離婚に対する抵抗感は大きい。またパートナーから暴力を受けている女性は、相手に支配され、正常な判断力や行動力が奪われて無気力状態に陥るといわれており
10-13 20:10

⑥ 会的条件では困難だというのである。男性は賃労働し、女性は家事労働するという家族モデルが規範化された労働市場や社会保障政策のもとでは、そこから外れて、女性が独立した生計を営むのは容易ではない。そのことが女性に家から出ることを思いとどまらせ、たとえ家のなかでどれほど困難に直面して
10-13 20:03

③ ある。実際に日本の離婚率2.0は先進諸国のなかでも最低レベルに位置している。」(丸山里美『女性ホームレスとして生きる~貧困と排除の社会学』p41)
10-13 19:59

② そこからなかなか抜け出すことができない。女性が野宿生活をしていくのは困難だと思われているということも、家を出ることの歯止めになっているのかもしれない。したがって独立するのが難しい経済的条件に女性自身の心理的な拘束も加わって、なかなか離婚に踏み切れないという女性も少なくないので
10-13 19:57

⑤ の女性は貧困の女性化を達成するほど自立していない。離婚や経済的自立には手が届かないのだ"と表現している。女性が家から出て独立した世帯を営むためには、女性が経済的自立を果たすことが必要であり、日本の女性はいまだそのような状態にはない、つまり女性世帯を形成すること自体が、現在の社
10-13 19:57

ており、この映画は同時に文化人類学批判でもある。  文化人類学や民俗学は、生きた他者を扱うにもかかわらず、えてして、あらかじめ構築した理論的な枠組みや観念を裏づけるために具体的な他者を「要請」してくるようなところがある。つまり、文化人類学や民族学とは、本来、異文化とのコミュニケイ
10-13 19:48

(続き)自信を取り戻します。その自信が、処遇改善要求の運動に転化し、リンクしながら大きく広がっています。職務評価は、すべての職場で適用可能です。」http://t.co/fv4Vz0n4mf
10-13 18:15

続き)「女性の解放」? まだそんなことを?」 (トリン・T・ミンハ映像作品『姓はヴェト、名はナム』) 
10-13 16:15


だれでも簡単!Twitter自動つぶやき設定ができるサイト!AutoTweet(オートツイート)! http://t.co/cAFNPELnHN 定期的につぶやくbotやURLの宣伝にも使えます! 443643551
10-13 11:55

スポンサーサイト
  1. 未分類



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。